top of page

CCI Kidz

Público·77 miembros

(ライブで見る@) 日本 ネパール ライブウォッチ 27 9月 2023


2023/08/11 — ... ウォッチ2(OW2)のNEPAL(ネパール)攻略記事です。おすすめ ... GameWith - 日本最大級のゲームレビュー・攻略サイト. ゲームウィズ 日本 ...


【2022年版】世界を目指すための『オーバーウォッチ』用語集 50選『オーバーウォッチ』を初めてプレイするときは圧倒されてしまう可能性がある。2022年10月5日にリリースされる最新作『オーバーウォッチ2』から始めようとしている人は特にそうだろう。この人気FPSシリーズのヒーロー、マップ、モードはどれも数が多く、かなりの量を学ばなければならない。しかも、勝負を決めるのはその知識量なのだ。《ヒットスキャン》と《プロジェクタイル》のどちらを選べば良いのだろうか? 【シンメトラ】はこの対戦に最適なヒーローなのだろうか? このチーム編成では【ウィンストン】よりも【ラインハルト】がベターだろうか? このような質問さえ十分に理解できてない人もいるのではないだろうか?『オーバーウォッチ』はチームシューターなので、チーム全員がそれぞれの仕事・役割をまっとうする必要がある。そこで重要になるのが、チーム内のコミュニケーションと各プレイヤーの知識だ。今回は、国内外共通で使用されている、または海外トーナメントの観戦時によく見聞きするOW / FPS用語の中から主なものを50個ピックアップして解説する。【シグマ】はタンク© Blizzard Entertainment『オーバーウォッチ』のヒーローは大きく3タイプ(ダメージ / タンク / サポート)に分かれているが、ヒーロー同士の相性や個別のアビリティ、Ult(アルティメット)などによって以下のようにさらなる細分化ができる。《DPS》とは「Damage Per Second / 1秒あたりのダメージ」の略で、FPSに限らず、MMO、RPG、MOBAなどでも広く使用されている用語だ。『オーバーウォッチ』では、《DPS》に優れていて敵の排除に特化されているヒーローは、《ダメージ》として区分されている。【ソルジャー76】【リーパー】【ゲンジ】【ウィドウメイカー】【トレーサー】【キャスディ】などがこのヒーローに含まれており、攻撃力の高さが特徴だが、中には【トールビョーン】や【メイ】のような防衛性能に優れた《ダメージ》もいる。《フレックス》はヒーローのタイプではない。特定のロールの専門ではなく、必要に応じてどのロールでもプレイできる万能型プレイヤーを意味する。『オーバーウォッチ』ですべてのヒーローを完全にマスターするのは難しいが、特定のチーム編成の長所と短所を理解できている《フレックス》がチームにいれば、対戦相手の短所につけ込めるチーム編成を用意することができるようになる。《サポート》は、チームの “ヒーラー” として扱われるときがある。チームメイトたちの体力を回復しながら、様々な方法でチームをサポートすることが主な役割だ。たとえば、チームメイトを強化(バフ)したり、対戦相手を弱化(デバフ)したりするのが《サポート》だ。“バフ” の例を挙げると、【ルシオ】はチームメイトの移動速度を高めることができる。また、“デバフ” の例としては、敵の被ダメージ量を増加させる【ゼニヤッタ】の “不和のオーブ” が挙げられる。また、【アナ】のような敵の弱化と味方の強化を同時に行えるヒーローもいる。彼女の “バイオティック・グレネード” はチームメイトを回復しつつ、敵の回復を阻止できる。【マーシー】や【モイラ】も《サポート》に含まれる。 《ダメージ》や《サポート》と同じく、《タンク》も『リーグ・オブ・レジェンド』をはじめとする様々なゲームで見られる非常に伝統的なロールのひとつだ。《タンク》は、相手チームの攻撃を受け止めつつクラウドコントロール(後述)をすることで、味方チームにスペースを生み出すことを得意としている。『オーバーウォッチ』には2種類の《タンク》、つまり《メインタンク》と《サブタンク / オフタンク》が存在する。《メインタンク》はバリアを張ってチームメイトがダメージを受けないようにしながら、敵との間にスペースを作るのが主な役割になる。【ラインハルト】【ウィンストン】【オリーサ】【シグマ】が含まれる《メインタンク》は、いわゆる伝統的な “タンク” だ。体力が高く、チームのフロントライン(後述)に立つことになる。その歴史を通じて、『オーバーウォッチ』ではいくつものチーム編成(ビルド・構成)が考案されては対策が打たれて消えていった。このゲームでは、1ゲーム中に使用するヒーローを切り替えて敵のチーム編成に対抗できるようになっており、さらにはマップとモードもチーム編成に影響を与えるようになっている。ヒーローのアビリティとUltを効果的に使えば決定的な瞬間を創出して敵チームをワイプ(後述)するチャンスが得られる。どのようなチーム編成が自分たちに最適なのか、そしてどのプレイヤーがどのヒーローを得意としているのかを理解することが勝率を安定させるためには非常に重要だ。以下のチーム編成は『オーバーウォッチ』で確認できたものだ。『オーバーウォッチ2』がリリースされれば、また新たなチーム編成が登場するだろう。『オーバーウォッチ』の基本編成(タンク2 / ダメージ2 / サポート2)を指すが、『オーバーウォッチ2』では6人対6人から5人対5人に変更されるため、この編成は使用できなくなる。『オーバーウォッチ』では最も伝統的な編成で、ランクマッチの基本編成でもある。《アンチダイブ / カウンターダイブ》は、【ウィンストン】と【D. Va】【キャスディ】【ソルジャー76】【ウィンストン】のUltで《ゾーニング》して、敵チームを包囲したり、押し返したりする。《バックキャップ / バックキャッピング》とは、《ポイント》(後述)を防衛している敵チームが他のことに気を取られている、またはそこから離れている間に入り込んで確保してしまう戦術を意味する。裏取りからの《ポイント》確保のこと。Backは裏を意味し、CapはCapture(確保)の略。《C9》は北米のプロチーム “Cloud9” の略だが、『オーバーウォッチ』ではこのチームではなく、「《ポイント / ペイロード》(後述)の確保を忘れて、逆に敵チームに確保されてしまうこと」を意味する。Cloud9がトーナメントで実際にこのミスをしたことから、インターネットミームとして広く知られるようになった。《チョークポイント》(略称:CP)は「狭隘なエリアまたは通路」を指す。《チョークポイント》は防衛側には有利に働くときが多い。狭い通路やエリアでは進入できる人数が限定されるため、防衛側は入ってきた攻撃側のヒーローをひとりずつ狙えば良いからだ。マップ "Paris" はこの好例だ。このマップのスタートから最初の目標までの一本道は防衛側が高所を取れるため、防衛側にとっては非常に簡単だが攻撃側にとっては非常に難しい典型的なチョークポイントになっている。《キング・オブ・ザ・ヒル / KoTH》はコントロールマップの別名。“NEPAL” “ILIOS” “OASIS” “BUSAN” “LIJIANG TOWER” がこのマップに含まれている。マップごとに《ポイント》または《ペイロード》が目標に設定されている。《ポイント》は、《2CP》(2ポイントを確保するマップ:HanamuraやTemple of Anubis)や《KoTH》マップなどに配置される確保すべき場所を指し、《ペイロード》は、指定された地点まで護衛しなければならない移動式目標を意味する。ハイブリッドマップには《ポイント》と《ペイロード》が用意されている。《ティック》は、チームがどこまで目標を確保しているかを示すV字型マークを指す。画面中央上部に表示される。《ベビーD. 【2022年版】世界を目指すための『オーバーウォッチ』用語集 50選 2022/09/21 — 《ファーマシー》は【マーシー】を【ファラ】に《ポケット》させる戦術で、2人の名前を “薬局” を意味する英単語にアレンジしてある(日本ではそのまま “ ...


Acerca de

¡Te damos la bienvenida al grupo de CCI Kidz! Puedes conecta...
selection.png
bottom of page